6つのメリット | プチ矯正 アクアシステム【目立たない・外せる夢の矯正歯科治療】

アクアシステムの6つのメリット

プチ矯正「アクアシステム」をしていただく上で、得られる6つのメリットをご紹介いたします。

アクアシステムは、マウスピース型の透明なフレーム「アクアフレーム」を使用します。このプラスチック製のフレームを歯列にかぶせて、約0.5mmずつ歯を動かすしくみで、歯の動きに合わせてその都度フレームを付け替えていく全く新しい矯正歯科治療です。
一人ひとりの歯列にあわせて作るハンドメイドのフレームで、見た目も目立ちにくく、歯の矯正をしていることもほとんど気づかれることはありません。

従来の矯正歯科治療では、一度装着した矯正装置は治療が完了するまで取り外すことができません。そのため、装着に食べ残しが付着しやすく、しかも歯ブラシが届きにくいという、虫歯を生みやすい環境になってしまうため、毎回のブラッシングにこれまで以上に気を配らなければなりませんでした。
アクアシステムなら、マウスピース型のフレームを自由に取り外しできるので、いつも通りのブラッシングが可能。衛生面でも安心で虫歯になりにくい治療法です。

キャラメルやガムなど粘着性の高い食べ物は、矯正装置が取れる可能性があるため、矯正治療中は控えた方がいいとされてきました。また、普段の食事でも、ワイヤーに食べ物が挟まっていないか、カレーやコーヒーの色が着いていないかと何かと気を使わなければならず、本来楽しいはずの食事の時間にストレスを感じる方も多かったようです。
アクアシステムで使用するアクアフレームは簡単に取り外しが可能。食べたいものを食べたい時に楽しめるのはもちろん、大切な人との食事の時もずっと笑顔でいられます。

通常なら、矯正治療後に改めてホワイトニングを行うのですが、アクアシステムならアクアフレームにホワイトニング剤を入れることで矯正治療と同時にホワイトニングができます。まさに一石二鳥の治療法といえます。

歯の表面や裏側に付ける装置は、唇と歯の間や歯と舌の間に違和感が生じます。例えば、歯の表面に付ける装置は、口を閉じると唇がふくれて見えたり、閉じていても開いているように感じたりと、慣れるまでに時間がかかっていました。また、歯の裏側に付けるタイプの装置の場合も舌に装置があたり、舌足らずな話し方になってしまいがちです。
マウスピース型装置を使うアクアシステムなら、口の中の違和感がほとんどないので発音もスムーズ。接客業や営業など、人と話すことの多い職業の方にも最適です。

これまで、見える矯正歯科装置を気にされる患者さんにとって、一番の選択肢は、歯の裏側に装着する「リンガルブラケット」という矯正歯科装置でした。しかしこの装置は、調整時に医師の負担が増えることから費用もかなり高額で、なかなか手がでない治療方法でもあります。
アクアシステムなら費用は50万円〜。しかも金具を使わないので、矯正歯科治療をしていることをほとんど気づかれることはありません。また、治療は新しいアクアフレームに付け替えるだけなので1回の治療時間も短くて済みます。